エサレンマッサージ資格認定コース パート3 レポート2


 

エサレン研究所 トレーニングレポートの続きです

 

エサレンの海

 

ビック・サーのある海は寒流なのでクジラやラッコを見ることができます

 

到着した日は、雨だったのですが、昨日、今日は良く晴れて綺麗な朝焼けと夕日が見られました。

1月は雨の降る季節、乾燥した日が多いこの辺りでは、この時期の雨は歓迎されています。とは言え、時折の晴れ間はやはりうれしいもので、この数日の良いお天気はラッキーね、とデボラも嬉しそうでした。せっかく日本からみんなが来てくれたのに、お天気悪かったら残念だわと言っていたので、ほっとしたのでしょう。

かく言う私、まこちゃんも実はうれしい事が。今年はラッコやクジラがたくさん見れるのです。結構楽しみにして来てくれる生徒さんも多いので、ラッコどこにいますか?と聞かれて、広い海原を眺め途方に暮れる事もあるのですが、今年はどうやら聞くまでも無く、さっそくあちこちで見られた様子で安心してます。

ビックサーの夕陽

 

先ほどの夕陽のあとは、新月が綺麗に見えている日没後の空でした。この夜は月が暗かったので星がとてもたくさん、それこそ星座がわからないくらい見えました。
流れ星も幾つか見られましたよ!

ビックサーの夜空

 

明日はエバリュエーションです。

受けてくれる先生方はもちろん日本語喋れません。そこで毎年登場するのがコレ!エサレンマッサージ必要最低限の英会話?です。

意外と好評で、卒業してからサロンで外国人のお客さんが来た時に役立ちました、なんて言ってくれる生徒さんもいましたよ。

今日はお互いに練習セッションしながら、英語で声かけの練習もしてもらいました。ボソボソ英語が聞こえます。

「ドノ力加減ガ好みデスカ」
「ミディアムレア」

こら‼︎

まあ…本番ではちゃんとやってくれるでしょう。

エバリュエーションでの英語

 

今日はエバリュエーションの日でした。

朝の8時から始まり、午後から3時半まで、教室として使っているロルフとお風呂場のセッションルームとに分かれて一斉に行われました。

毎年の事ながら、評価は上々です。
このクラスの生徒さん達はもう既にマッサージの仕事してたの?などと驚かれたりもします。

特に今年は、ペギーさん(エサレンマッサージ第一世代のベテランセラピスト、助産婦さんでもあります)。
デボラも驚いていました。

「47年間友達だけど、あんなにニコニコして帰ったペギーは初めてみたわ!私は誇らしいわ!」

素晴らしいです。
まこちゃんも誇らしいです。
みんながパート毎の合間に練習セッションを沢山したり、練習会に参加してくれたりしていたのを良く知っているだけに、嬉しさもひとしお。

めでたく全員がパスしたのは言うまでもありませんでした!

画像は夜のダイニングルーム。
「ドアを閉めて。アライグマ入れるな」
と書いてあります。

今年はまだアライグマ見てないなぁ。

ダイニングルームとアライグマ

 

とりあえず
ひと山越えたところで…

今日は宴だーーーーー!!!

Barもあるのでお金を払えば、お酒が買えます。
もちろん、持参ですね(笑)

解放感満ち溢れた空気。
こちらまでお顔が緩みます。

自分も緊張して、手が震えたことを思い出しました。
顔が強張るくらい。

でも、クラスのみんなは知っています。

頭で考えてることを一旦置いてみること。

そして、
『今この瞬間』に意識を向けてみること。

それは認定クラスが始まってから
繰り返し繰り返し行っていることです。

さあ、明日からまた新しいことを付け足していきます。

お茶目で冗談好きなデボちゃんのクラス
まだまだ続きますよ~

エサレン実習

 

 

 


2016-01-15 | Posted in エサレンマッサージ資格認定コース, ブログComments Closed 

関連記事