ブログ

エサレンマッサージ資格認定コース パート3 レポート4


 

エサレン研究所のゲシュタルト療法

エサレン研究所のゲシュタルト療法

 

ゲシュタルト療法 エサレンマッサージの大切なアイディアの元

 

今日はゲシュタルトのリーダーの方を招いてのゲシュタルトの入門クラスでした。

ゲシュタルト療法とは、フリッツ・パールズさんと言う精神分析医が考え出した心理学や哲学の手法を取り入れた「気づき」のワークです。アイ・ステートメント(私を主語にした話し方)、ノン・ジャッジメント(良い悪いの判断せずに、あるがままを認める)など私達がエサレンマッサージで学んでいる大切なアイディアの元になっています。

今回リードしてくれるクリスティアナさんがまず最初に書いた一文です。

「ゲシュタルトとは、私達が(過去、現在において)経験する事をいかに構築(築く、組み立てる)するのかを理解する体系的なシステムである」(訳)

なるほどー
とても良い説明だと思いました。
さらにゲシュタルトの歴史、アイディア、手法などの話もわかりやすい!

クラスでは実際のワークを体験しました。
自身もエサレンマッサージのプラクティショナーでもあるクリスティアナさんの説明は分かりやすく、エサレンマッサージと関連づけながら、エンプティー・チェアー、オープンシートなどを説明しながら実際に体験させてくれました。

エサレン研究所という特別な場所でのこの経験を、これからのエサレンマッサージに活かせたら本当に素晴らしいな、と改めて思った日でした。

 

 


2016-01-17 | Posted in エサレンマッサージ資格認定コース, ブログComments Closed 

 

エサレンマッサージ資格認定コース パート3 レポート3


 

エサレン研究所 大きなラッコを2匹発見!

大きなラッコ2匹発見

 

 

デボちゃんことデボラとまこちゃん。こんなですが二人はエサレンマッサージのティーチャーです。

何度も言うように、私たち二人は仲良し親友です。
そして何度も言うように、こやつ(デボちゃん)は授業中にふざけてばっかり!

 

「明日からの予定を言うわね。午前中は首とお腹のディテールワーク、午後はポラリティよ。明日はゲシュタルトと妊婦さん来てもらってサイドワークね。翌日は禁忌やらビジネス、倫理かしら?それからそれから・・・」

 

次からつぎへと喋るデボラ。それを淡々と訳す私(まこちゃん)。

 

「・・・あと、土曜日の午前中は、海で泳ぎます」

 

一瞬の静寂の後、隣に立つ私は静かに言いました。それはそれは低い声で。

「てめえ・・・。本気か?こら。もういっぺん言ってみろ」

 

それを横目にデボラはまた言い放った!

「海で泳ぐのよー♪」

 

まこちゃんキレる。

「絶対だね!泳ぐんだな?訳すぞ!」

「じょ〜だんよぉ〜。ヒヒヒ〜」

 

このやり取り・・・・毎度まいど生徒さんに迷惑でしょーが!

それなのにみんなから愛されるデボラ先生(エサレンマッサージ第一世代)。
いつも言いますが、長生きして下さい。。。

デボラとまこちゃん

 

 

 

 

 

 


2016-01-17 | Posted in エサレンマッサージ資格認定コース, ブログComments Closed 

 

エサレンマッサージ資格認定コース パート3 レポート2


 

エサレン研究所 トレーニングレポートの続きです

 

エサレンの海

 

ビック・サーのある海は寒流なのでクジラやラッコを見ることができます

 

到着した日は、雨だったのですが、昨日、今日は良く晴れて綺麗な朝焼けと夕日が見られました。

1月は雨の降る季節、乾燥した日が多いこの辺りでは、この時期の雨は歓迎されています。とは言え、時折の晴れ間はやはりうれしいもので、この数日の良いお天気はラッキーね、とデボラも嬉しそうでした。せっかく日本からみんなが来てくれたのに、お天気悪かったら残念だわと言っていたので、ほっとしたのでしょう。

かく言う私、まこちゃんも実はうれしい事が。今年はラッコやクジラがたくさん見れるのです。結構楽しみにして来てくれる生徒さんも多いので、ラッコどこにいますか?と聞かれて、広い海原を眺め途方に暮れる事もあるのですが、今年はどうやら聞くまでも無く、さっそくあちこちで見られた様子で安心してます。

ビックサーの夕陽

 

先ほどの夕陽のあとは、新月が綺麗に見えている日没後の空でした。この夜は月が暗かったので星がとてもたくさん、それこそ星座がわからないくらい見えました。
流れ星も幾つか見られましたよ!

ビックサーの夜空

 

明日はエバリュエーションです。

受けてくれる先生方はもちろん日本語喋れません。そこで毎年登場するのがコレ!エサレンマッサージ必要最低限の英会話?です。

意外と好評で、卒業してからサロンで外国人のお客さんが来た時に役立ちました、なんて言ってくれる生徒さんもいましたよ。

今日はお互いに練習セッションしながら、英語で声かけの練習もしてもらいました。ボソボソ英語が聞こえます。

「ドノ力加減ガ好みデスカ」
「ミディアムレア」

こら‼︎

まあ…本番ではちゃんとやってくれるでしょう。

エバリュエーションでの英語

 

今日はエバリュエーションの日でした。

朝の8時から始まり、午後から3時半まで、教室として使っているロルフとお風呂場のセッションルームとに分かれて一斉に行われました。

毎年の事ながら、評価は上々です。
このクラスの生徒さん達はもう既にマッサージの仕事してたの?などと驚かれたりもします。

特に今年は、ペギーさん(エサレンマッサージ第一世代のベテランセラピスト、助産婦さんでもあります)。
デボラも驚いていました。

「47年間友達だけど、あんなにニコニコして帰ったペギーは初めてみたわ!私は誇らしいわ!」

素晴らしいです。
まこちゃんも誇らしいです。
みんながパート毎の合間に練習セッションを沢山したり、練習会に参加してくれたりしていたのを良く知っているだけに、嬉しさもひとしお。

めでたく全員がパスしたのは言うまでもありませんでした!

画像は夜のダイニングルーム。
「ドアを閉めて。アライグマ入れるな」
と書いてあります。

今年はまだアライグマ見てないなぁ。

ダイニングルームとアライグマ

 

とりあえず
ひと山越えたところで…

今日は宴だーーーーー!!!

Barもあるのでお金を払えば、お酒が買えます。
もちろん、持参ですね(笑)

解放感満ち溢れた空気。
こちらまでお顔が緩みます。

自分も緊張して、手が震えたことを思い出しました。
顔が強張るくらい。

でも、クラスのみんなは知っています。

頭で考えてることを一旦置いてみること。

そして、
『今この瞬間』に意識を向けてみること。

それは認定クラスが始まってから
繰り返し繰り返し行っていることです。

さあ、明日からまた新しいことを付け足していきます。

お茶目で冗談好きなデボちゃんのクラス
まだまだ続きますよ~

エサレン実習

 

 

 


2016-01-15 | Posted in エサレンマッサージ資格認定コース, ブログComments Closed 

 

エサレン研究所でのトレーニング始まりました レポート1


 

エサレンマッサージ資格コース パート3

 

エサレン研究所仮設ロッジ

 

エサレン・スピリットがいっぱいのトレーニングの始まりです

 

2015年の6月から始まったエサレンマッサージプラクティショナー資格認定コース。パート1、パート2の国内でのトレーニングを終えて、いよいよエサレン研究所でのパート3のトレーニングです。

例年ですと12月に開催なのですが、今年は研究所の都合で2016年1月の開催となりました。どうやら研究所ではいろいろと改装工事を行っているようです。上の画像はみんなが食事をしたり、お茶したりするロッジです。

なにやらすっきりとした作りですが、これは仮設のスペースとのことです。さてパート3はサンフランシスコ空港での集合から始まります。成田空港(または関空経由)で集まってサンフランシスコまで空の旅です。サンフランシスコ空港での合流組も合わせて、いよいよエサレン研究所に向けて出発です。

ここからのレポートは認定ティーチャーの近藤真紀子さん(まこちゃん)とアシスタントのくんくんです。

 

今年もエサレンでパート3! サンフランシスコ空港、全員揃いました! …と思ったらみんなコーヒーやらトイレやらで居なくなった…

 

サンフランシスコ空港到着荷物

 

サンフランシスコ空港にて

 

なかなかバスが来ない…ハプニングもありつつ、 無事に出発!! 途中休憩を挟み、4時間揺られながら向かいます。

 

今年はバスが遅れ、エサレン研究所に着いたのがなんと4時でした。 初めて見る新しいロッジ…とオフィス… まるで仮設住宅のような姿に少々戸惑いつつも、顔見知りの何人かに迎えられほっとしたのでした。 これは新しいキッチンやバーです。 ここが後半年もすると、広いダイニングロッジに生まれ変わるそうです!

さて。一年ぶりのエサレン研究所。ここが仮設のロッジ、ダイニングです。 この後、ここはミーティングルームになる予定なので建物の2階にあたり、現在食事が並ぶキッチンが1階にあるため、外階段を下りて食事を取ってまた上って来るという甚だ不便な導線になっています。 ダニちゃん(ダニエラ先生)も、やれやれと言った感じで「まこちゃん!しかたない!しかた無いのよ!もー!」とご不満の様子。 デボちゃんも相変わらず低い声でブツブツ言っていますが、これも後半年。夏明けには下に広いダイニングロッジが完成する予定!だそうです。

仮設ロッジ

 

ああ!ついに! エサレンに通って早15年。 ついに我が親愛なるラッコさんの姿を写真に捉えました。 こらこら。海鳥さん、ちょっと邪魔〜

ラッコ

 

ここはロルフ。 写真はロルフィングのアイダ・ロルフさんです。 今日からここでエサレンのエネルギーたくさん感じながらクラスを行います。 パート3の先生、デボちゃんことデボラ先生と一緒に これから1週間、過ごしていきます。 お部屋中、わくわくな気持ちと時差ボケの眠気が混ざり合っているようです。 今日は温泉に入ってゆっくりしてくださーい!!

ロルフ

 

ロルフでミーティング

ロルフ(エサレン研究所で活躍したロルフィングのアイダ・ロルフを記念して命名された建物)で最初のミーティングです。これからトレーニングが始まりますね。楽しみです!!

 

 


2016-01-13 | Posted in エサレンマッサージ資格認定コース, ブログComments Closed 

 

ぼくとエサレンマッサージの出会い


 

 

雑誌宝島です。

 

ぼくがエサレン研究所のことを知ったのは、たぶん雑誌の『宝島』です。

 

ぼくが初めてエサレン研究所のことを知ったのは、たぶん雑誌の『宝島』です。その頃の宝島は70年代のホールアースカタログの影響を受けていて、しばしば当時のアメリカ文化を取り上げていました。その頃のぼくはまだボディワークには携わっていなかったのですが、興味の対象としてエサレン研究所のことは印象に残っていました。

 

1970年代も終わり頃にスピリチュアル系の雑誌(『季刊メディテーション』など)にエサレン研究所のことが紹介されていました。その記事からエサレン研究所とそこで誕生したエサレンマッサージのことを知ったのです。

 

そして当時のぼくはといえば、まだブラブラとした人生を送っていたのですが、それでも将来のことをチラチラと考え始めていて、なんと!鍼灸学校に行くことになりました。鍼灸学校に入ってからは経絡指圧やら野口整体、野口体操、操体法と日本的なものへと興味が移ってしまい、しばらくエサレンマッサージのことは忘れていました。再びエサレンマッサージのことが気になり始めたのは、リバランシングというボディワークに出会ったことからです。

 

リバランシングはインドの神秘家OSHOのもとで誕生したボディワークです。ぼくは、それを初めて体験したとき、そのカッコよさに惹かれました。そしてアメリカ、インドに行ってそのトレーニングを受けたいと思うようになりました。そして実際にインドのOSHOコミューンで申込の手続きまで進んだのですが、いくつかの事情が重なって直前になって受講を取りやめることになってしまいました。残念!

 

それでもリバランシングのことが気になっていたので国内のリバランサー(リバランシングの施術者)の人たちと交流するうちに、このワークはロルフィング、トレガーアプローチ、ブレスワーク、オステオパシーそしてエサレンマッサージに影響を受けていることがわかってきました(まちがっていたらリバランサーの方ごめんなさい)。

 

当時、ぼくはカイロプラクティックの学校に通っていて、その学校ではオステオパシー(クラニオセイクラルセラピーや間接法などを学びました)のことも取り上げていました。そのような中で、だんだんとぼくがリバランシングに感じたカッコよさはロッキングとエサレンマッサージのロングストロークであることがわかってきたのです。

 

ところがそのころはまだインターネット登場前の時代だったので(カメラもフィルムでした)、それ以上の情報もなく、ときどき雑誌でエサレン研究所という名前を見かける程度でした。ネットの時代になっても初期はパソコン通信が主流で、まだ一般のウェブサイトは登場せず、今思えば情報量も少なく細々とした時代でした。それでもその中からポツリポツリと情報を拾えるようになりましたが、ひとりでアメリカのエサレン研究所まで行って、エサレンマッサージのトレーニングを受けることは思いもよりませんでした。

 

そのころ、ぼくが参加していた自然療法スクールマザーズオフィスのアロマテラピーの学校は開校(1989年創立)から10年少々経過していました。ぼくは自分のサロン(自然療法サロン アロマスフィア)でオイルマッサージやそのほかのボディワークのセッションを行い、アロマテラピーの学校ではオイルマッサージクラスを担当するようになっていました。そしてこの辺りからようやくエサレンマッサージとのつながりが出てきます(ハーッ長かった)。それはある日、アロマテラピー団体の関係でエサレンマッサージプラクティショナーの安珠さん(現Earth Spiral )と出会ったことがきっかけでした。

 

安珠さんはそのころすでにエサレンマッサージのプラクティショナーであり、ホリスティックな視点からボディワークに携わり、ご自身のサロンでのセッションや教育の実践など幅広く活躍されていました。彼女から2003年に伊豆高原で開催されたエサレンマッサージのワークショップを紹介され、そしてそこから近藤真紀子さんと岩本昌子さんにつながったのです。

 

まこちゃんこと近藤真紀子さんはエサレンマッサージのプラクティショナーでエサレンマッサージのトレーニングの通訳としても活躍していました。そして同じくプラクティショナーの岩本昌子さんといっしょに湯河原でエサレンマッサージのサロンを運営されていました。その後、近藤真紀子さんは日本人として初めてのエサレンマッサージの認定ティーチャーになりました。

 

ここから先はトントン拍子に進み、近藤真紀子さんと岩本昌子さん、そしてぼくの3人のチームでエサレンマッサージのトレーニングコースをオーガナイズすることになったのです。2004年のことです。おかげでぼく自身もようやくエサレンの資格認定コースに参加してプラクティショナーにもなり、それ以来、エサレン研究所にも何度か訪問するようになりました。

 

 

エサレン研究所のテラス

 

ハーッ長かったです。この文章、実はTwitterでアップしたものですが、連投になってしまい意外と長くなったのこちらのブログでも紹介しました。最後ですが、エサレンマッサージの説明会エサレンマッサージ基礎講座はエサレンマッサージのくわしい説明やデモセッションをご覧いただいています。とても興味深いのでぜひご参加ください。

 

関連ページ

 

 

 


2015-09-21 | Posted in ブログComments Closed 

 

エサレンマッサージ資格認定コース パート2 レポート3


 

 

ダニエラ先生のストレッチ

 

エサレンマッサージ資格認定コースパート2
レポート3 半日休みから最終日まで

 

半日休みの翌日です。
昨日は思い思いにリフレッシュ出来たようで、朝からみんなのヤル気を感じました。

今習っているテクニックは、誰にでも出来る物ではなく、相手に適切だと判断した場合に使うアドバンスなテクニックです。

パート1で基礎をしっかり学んだおかげで、このような手技に対しても楽しんでチャレンジ出来ている姿は見ていて頼もしく思えます。

昼休み、明日が最後の夜なので、まこちゃんとくんくんは、センターの車を拝借して町まで買い出しに出かけました。

 

まこちゃん&くんくん買い出し

 

 

帰り道、町中を走っていると、後ろから「まこちゃ~ん!」と大声が聞こえたと思ったら、ダニちゃんが突然姿を現しました。
どうやら、昼休みを利用して山を下り町まで散歩(?)していたようです。

「乗ってく?」
「ううん、歩くわ!」
ダニエラ先生は颯爽と消えて行きました。
徒歩で小一時間はかかる山道。私達は車なので10分程で帰って来ましたが・・・。

いつもパワフルで元気なダニエラ先生は、私達プラクティショナーの目標です!

女神山ドライブ

 

 

こちらはいつもお世話になっている女神山ライフセンター大森さんです。おいしいごはんをありがとうございます!

女神山スタッフ大森さん

 

 

今日の午後はサプライズ!!
まこちゃん先生、登場です。

エサレン認定ティーチャー近藤真紀子さん

 

 

安心感のあるトーン、なるほど!と納得する言葉を選んで通訳してくれる筋トレ大好きなまこちゃん。今日は先生として、みんなにシーツワークを教えてくれました。それはセッションの終わりにシーツで包んで横向きにする技です。

エサレンのシーツワーク

 

 

え?なにこれ?いつのまに?と不思議な感じ。でも、心地いいー。
くんくんも大好きな技です。

難しいー‼︎って声がたくさん聞こえたけどわいわい楽しそうでした。
みんなサナギみたいで可愛かったなぁ。

エサレンのシーツワーク

 
 
 
朝のヨガではこんなことも。
 
エサレン朝ヨガ

 

 

午前中のクラス。
まずはウェザーレポート。
今の気分を一言ずつシェアしていきました。
さみしい気持ち。わくわくした気持ち。言葉にできない気持ち。
みんな、飾らず真っ直ぐに気持ちをただただ味わっているように思えました。

そのあとは座学の続き。みんな目がぱっちりです。朝ヨガのお陰…ですよね!

ウェザーリポート

 

 

さあ午後クラスはいよいよ。
今まで学んできたアイデアを使って自分のセッションです!

ダニエラ先生のマッサージデモ

 

 

最後の夜ご飯は、バラバラだったテーブルが繋がってサークルでいただきます。

今夜、宴です!!
食べて飲んで、そして踊ります!!

パート2最後の夜の食事です

 

 

まこちゃんくんくん、ダニエラ先生はパート3でやるシェアリングの見本を披露させて頂きました。さあ、これは何をしてるでしょうか?

みんなどんなシェアリングになるか楽しみですダニエラ先生、まこちゃん、くんくん

 

サークルでヨガ

 
 
 
今日はそれぞれの生活に戻る日です。
パート3についてのお話も聞きつつ、この1週間を振り返ります。

チャレンジしたこと、ここで得た物事・経験、気持ちの変化。

言葉にするだけで
より込み上げるものがあります。

さあ次はついに、エサレンへ。
自分にとって必要なケアを心に留めて
また笑顔で会いましょう!

認定コースパート2、無事に修了です。

 
資格認定コースパート2集合写真
 
 
 
 
 

2015-09-18 | Posted in エサレンマッサージ資格認定コース, ブログComments Closed 

 

エサレンマッサージ資格認定コース パート2 レポート2


 

 

エサレンマッサージ、朝のヨガクラス

 

エサレンマッサージ資格認定コースパート2進行中です。中盤の様子をレポートします

 

おはようございます。エサレンマッサージ資格認定コース、パート2の3日目の朝です。今朝もダニちゃんリードのモーニングヨガです。体とじっくり向き合います。

パート2ではストレッチテクニックもたくさん出てきます。ダニちゃんのストレッチは各種あって、ダニエラストレッチと呼ばれている大技もあります。

ダニエラストレッチ

 
 
  

今日はお天気が良かったので、昼休みに散歩がてらパニにお茶をしに行きました。
パニとは女神山ライフセンターから歩いて15分程のところにある、ちょっとおしゃれなカフェです。

女神山カフェパニへ

 

 

近道するわよ!とダニエラ先生。ささっと道路を外れて山道を下って行きました。

女神山カフェパニへ

 

 

陽射しと風がここちよいのんびりした午後でした。

女神山カフェパニへ

 

女神山カフェパニへ

 

 

午後のクラスは病理学から始まりました。
座学は眠くなるので眠気覚ましにみんなでタッピング!
鍼灸師でもあるダニエラ先生から経絡にそってパンパンと自分の腕や脚、お腹を叩く方法を教わって、最後にはペアで背中と叩き合って終了です。

エサレンマッサージ ダニエラ先生

 

 

テキパキと進むダニエラ先生の授業ですから、居眠りしている人は一人もいませんでしたよ。

エサレンマッサージのダニエラ先生の授業

 

 

午後のクラスでは、座学を学びました。パート2が始まってから初めての座学なのでなんだか新鮮でした。ダニエラ先生の説明はとってもわかりやすくみんな興味津々、お昼休みのあとだからって眠くなる暇もありません。そして頭にたくさん知識を詰め込んだあとはお顔のマッサージです。

エサレンマッサージのダニエラ先生、フィイスの授業

 

 

とっても優雅な時間を堪能し合いました。みんなのお顔がほんのりピンクで幸せそうな空気が伝わってきました。明日、半日お休み。パート2も中盤です。

エサレンマッサージのダニエラ先生のフェイス実習

 

 

今日は日曜日。

パート2も半分が過ぎたところで、半日オフでした。
みんなそれぞれ、練習をしたり、散歩に出かけたり、のんびりしたり思い思いに過ごしていたようです。

私達は、体を動かす事が大好きなダニエラ先生の希望により、山をぐるっと回って町まで下りるコースで、お昼からハイキングをする事にしました。空は晴れ、山は涼しくて歩きやすい良い日でした。同じくハイキング?をしていた生徒さんに会ったりしながら、町を目指して約2時間です。

エサレンマッサージ資格認定コース今日はオフです

 

 

途中、温泉街でカプチーノを飲んで一休みした後に、再び山を登り返してセンターに着いた頃にはすっかり陽が落ちていました。

今日はオフでハイキング

 

女神山かしわ屋

 

 

半日休みで骨休み~なんて思っていたのに、足腰筋肉痛になりそう。明日のヨガがちょっと心配ですが、良いリフレッシュになりました。みんなにとっても良い休息日であった事を願います。

女神山神社

 

 

エサレンマッサージ資格認定コース パート2 進行中です。

最終回のレポート3もご覧ください。

 

 


2015-09-16 | Posted in エサレンマッサージ資格認定コース, ブログComments Closed 

 

エサレンマッサージ資格認定コース パート2 レポート1


 

 

エサレン資格認定コースドルフィンプッシュアップ

 

2015年エサレンマッサージ資格認定コース
パート2が始まりました。前半の様子をレポートします。

 

エサレンマッサージ資格認定コースのパート2が2015年9月9日よりスタートしました。当日は台風の影響のため豪雨だったのですが、みなさん無事に到着しました。夕方には青空が見えたようでよかったです。

そして一晩明けた今朝の女神山は、すっかり快晴です。早朝も思ったほどの寒さではなく、モーニングクラスのヨガもストーブ無しでシャバサナできました。

モーニングクラスと言えば、初日から早速ドルフィンプッシュアップの洗礼を受けたみんな。一週間後の二の腕が楽しみです。

 

女神山の青空

 

 

今日のテーマはコンプレッションとロッキングです。今までのオープニングにこれらのテクニックが加わることで、ぐっとエサレンマッサージらしくなります。

まずはフェイスクレイドルの角度の確認から復習しているところです。

 

マッサージテーブルのフェイスクレイドルの調節

 

コンプレッション(圧迫法)の実習

 

 

9/10の午前中のクラスでは、オープニングで使えるコンプレッション、ロッキングに加え、それぞれの腕のポジションで肩、腕の新しいアプローチをしていきます!

 

上腕のポジション

 

 

どんどんアイデアが増える~

自分に合ったものをきちんと見つけてチョイスするのよ!と ダニちゃん。

Let’s challenge!

みんなが叫ぶほどディープな技も… 楽しそうに狙い撃ち。

動きがあるからか、パート1と違ってみんなの雰囲気がすごくアクティブです。

なんだか… 動かずにはいられない!!

 

ロッキングテクニックの実習

 

 

パート2、アシスタントのくんくんです。

時には土砂降りの中、生徒さん達の傘を取りに薄暗い山のぬかるみの中を走る体育会系女子です。

「くんくん!イマスグ!骨格模型、組ミタテテ!ドウゾ!」と突然、出されるダニエラ先生の無理難題も、はいっと二つ返事でこなす頑張り屋さん。

そんなくんくんの頑張りはここにも。肉単(解剖の翻訳本)を片手に、苦手なはずの漢字と英語を駆使して白板と格闘中。エライぞ!

•••後は英会話だな。ふと、浮かんだズルい気持ちを打ち消しつつ、頑張る姿を写真に納めておきました。なにはともあれ、アシスタントご苦労です。

 

アシスタントのくんくん

 

 

午後のクラスでは、、、
みんなカエルになりました。

というのも
うつ伏せでのメインストレッチ
その名も《フロッグ レッグ ストレッチ》
カエルの足 なんです。

ダイナミックな動きと股関節の心地いい伸びを感じられるこのストレッチ
戻した後の感じ方が違うのもまたお楽しみ。

こっちの足も早くカエルにして~
と、願わずにはいられません。

きちんとカバーできるタオルワークも学びますので安心です。
ピース!ピース!

カエルストレッチ その1

 

カエルストレッチ その2

 

 

モーニングクラスに行く途中です。
昨夜の大雨とは打って変わって、澄んだ青空が気持ち良いです。

女神山ライフセンターの朝

 

女神山ライフセンターの朝

 

 

さて。今日もヨガとドルフィンプッシュアップやりに行きますか!

でもまだ長靴は手放せません。

女神山ライフセンターの長靴

 

 

パート2二日目の午前中はお天気が良く、明るいホールでのクラスとなりました。

ダニエラ先生の実習

 

 

パート2では複雑なテクニックが増えて来ます。そしてこの時点から学ぶテクニックは、必ずしもどんな相手にでも出来る訳ではないものが多くなります。

体型、柔軟性、ケガ、トラウマ、経験など、様々な要因を考えに入れた上で、使う「道具」を選ぶこと。

それこそがエサレンマッサージの楽しさでもあり、そのために私たちは数多くのテクニックを学ぶ必要があるのだ、と気づきます。

プラクティショナーとしての自覚が芽生える瞬間です。

ダニエラ先生の実習

 

 

お天気が良かったので外のテラスでいただきました。
空気も澄み、爽やかで気持ちよかったです。

女神山ライフセンターテラスでランチ

 

 

会場の女神山ライフセンターでは自分たちが使った食器は各自で洗って片づけます。

女神山ライフセンター食器洗い

 

 

昼休みは散歩です。青空が広がっていて、遠くの山がとても綺麗でした。

青空

 

 

久々のお天気だったので、洗濯物が沢山干してありました。
母屋の外廊下です。いかにも晴れた日な感じで見ていて清々しいです。

洗濯物

 

 

2015年エサレンマッサージ資格認定コース パート2 レポート1 おわりです。

レポート2へ

 
 

2015-09-16 | Posted in エサレンマッサージ資格認定コース, ブログComments Closed 

 

ストレッチクラス クラスレポート


 

 

エサレンマッサージストレッチクラス

 

ストレッチクラスレポート クラスの内容と参加のみなさんからのコメントです

先日、ストレッチクラスを開催しました。ストレッチテクニックは、エサレンマッサージのセッションでしばしば取り入れられ、体の広がりとつながりを提案するために使われます。

 

 

エサレンマッサージのストレッチテクニックと学び

 

今回は仰臥位で4つのストレッチを学びました。

  1. 膝を胸部まで持ち上げる
  2. 腰部全体のストレッチ
  3. 腰部の大きなひねり
  4. 内転筋へのアプローチ

 

クラスではこの4つのストレッチに次のような視点を加えて学びました。

  1. 4つのストレッチを流れるように連続して行うこと
  2. 受け手に安心感を与えるドレーピング(タオルワーク)を行うこと
  3. 動きのなかに常に受け手を支えるサポートの要素を加えること
  4. ストレッチは受け手の呼吸を感じながら体の広がりとつながりを探索すること
  5. ストレッチのボジションでストロークを行うことで体のつながりと立体感を提案すること

 

クラスではまこちゃんこと近藤真紀子さんのリードで、セルフストレッチで動きの確認を行い、ていねいなデモの後には時間をたっぷりとって実習しました。今回は4つのストレッチを学ぶだけでなく、連続性、安心感、サポート、呼吸、そしてストロークの組み合わせという視点を加えることで、ストレッチテクニックをセッションのなかで使いこなすというところまで深めました。

 

 

参加いただいたみなさんからコメントをご紹介します

 

「オイルと合わせて、身を委ねて受けると、とてつもない開放感を感じました。手元のテクニックではなく、呼吸をみて、どのタイミングで、一緒に寄り添って動きを進めていくかを感じる、ふたりで進めていく感じが大切だと思いました。」

 

「ストロークとストレッチがミックスされるとこんなに自然な一体感になるのだなぁーと思いました。とても楽しかったです。もっとたくさん学びたいです。」

 

「受け手、触れ手ともにストレッチへの意識が変わりました。安心感、信頼感、ホールド感のあるリラックスを体験できたことは大きかったです。それを生むための手の置き方や呼吸などのポイントをとても丁寧に分かりやすく、順を踏んで教えていただけたのでとても学びになりました。」

 

ありがとうございます。他にも呼吸のこと、ドレーピング(タオルワーク)のことなどたくさんのコメントをいただきました。呼吸とともにゆっくりと行うストレッチはその部位だけでなく全身の体験となります。それからオイルマッサージなので受け手が安心して体を任せるようなドレーピングも大切な技術です。

 

 

エサレンマッサージワークショップの次回の予定をお知らせします

 

エサレンマッサージ基礎講座 2015年10月28日

ロングストローククラス 2015年11月25日

 

近藤真紀子さんのデモセッションがついた説明会は毎月開催です。次回は9月25日(金)、アロマテラピーの学校中野校スタジオで開催です。こちらも何度でもご参加ください。

 

それでは 

 


2015-09-08 | Posted in ストレッチクラス, ブログComments Closed 

 

1 2 3 4