ブログ

エサレンマッサージは誰が作った


 

初めてのエサレンマッサージとの出会い

エサレン研究所

 

エサレンマッサージの美しさとカッコよさに感動

初めてエサレンマッサージを見たとき、その美しさに感動してこのマッサージを絶対やりたいと思いました。しかし、当時は日本で学ぶ機会がなかったため、その思いは憧れのまま、心の中でずっと持ち続けました。そしてなんと40代も後半になったころようやくその機会を得て、エサレンマッサージを学ぶことができました。

その出会いとは現在、神奈川県湯河原町でエサレンマッサージを行っているまこちゃんこと近藤真紀子さんとの出会いでした。

ボディワーク仲間の安珠さんの紹介でまこちゃんと出会い、その後は日本で学ぶエサレンマッサージトレーニングコースのオーガナイズへと進みました。自分も第1期生としてトレーニングに参加して、現在ではエサレンマッサージの公式ティーチャーとなったまこちゃんと一緒にエサレンマッサージの説明会ワンデイクラス資格認定コースに関わっています

エサレンマッサージ説明会は、およそ月1回のペースで毎月開催されています。今回は説明会で取り上げられている話題やデモセッションの様子などをシェアしたいと思います。

 

創始者はいないエサレンマッサージ

創始者はいないエサレンマッサージ

 

多くの物事には始まりがあり、その作業に携わった方のことを創始者と呼ぶのですが、エサレンマッサージには創始者はいないと言われています。

まこちゃんの説明によると心理学、哲学などの研究施設としてスタートしたエサレン研究所はアメリカとしては珍しい温泉が湧き出る場所にありました。エサレン研究所はサンフランシスコから遠く離れていたため、そこで開催されるセミナー、ワークショップに参加するためには宿泊する必要がありました。そのためエサレン研究所は当初から温泉付宿泊型セミナー施設として活動していました。

やがて自然豊かな環境で、温泉もあり、ゆっくり宿泊するということになるとやっぱりマッサージがいいよね!ということになり、エサレン研究所ではマッサージをサービスで行うようになりました。しかし、そのころのマッサージは古典的なスウェディッシュマッサージでした。

エサレン研究所はカリフォルニアの海岸線(断崖絶壁)にあり、施設のどこにいてもドーンという波の音が聞こえます。特にマッサージルームがある温泉施設(バス)は海岸の真上なので、まさにドーン!という波の音が響きます。

ドーンという波の音をバックにマッサージをしていた人たちは自然とそのリズム、動き、速度、変化、繰り返しに影響を受けるようになり、ロングストロークなどエサレンマッサージ独特のスタイルが誕生しました。そのためエサレンマッサージは波がつくったマッサージ、創始者は誰もいませんと言われています。

 

試してみよう、体験してみよう

まこちゃんのエサレンマッサージ

 

もうひとつエサレンマッサージを理解するうえで大切なことは、エサレン研究所の姿勢である〝より良く生きるために自分で試してみよう、体験してみよう〟という考え方です。

エサレン研究所はスタンフォード大学の学生だったマイケル・マーフィーさんとリチャード・プライスさんの二人によって設立されました。彼らは大きな戦争のあとの社会変革の波のなかで、これからは誰かから教わったことではなく、自分自身で試し、体験することでより良い生き方を探したいという思いからエサレン研究所をつくったのです。

この考え方はマッサージをしていた人たちにも共有されていて、さまざまなアイデアがそれぞれの人のマッサージに取り入れられるようになりました。特にエサレン研究所では心と体という視点から、ロルフィングのアイダ・ロルフ、トレガーアプローチのミルトン・トレガー、フェルデンクライスのモーシェ・フェルデンクライスといった現在では有名なボディワーカーたちのセミナーも行われていたため、それらのアイデア、テクニックはエサレンでのマッサージにも取り入れられました。それはエサレン研究所の試してみよう、体験してみようという姿勢の実践でした。

この姿勢は、現在も受け継がれており、エサレンマッサージは新しいスタイルを試し、体験して変化し続けています。

*ページのトップの画像はぼく(中安)が初めてエサレン研究所に滞在した部屋の窓からみた風景です。

 

関連ページ

 

 


2017-05-11 | Posted in エサレンマッサージ説明会, ブログComments Closed 

 

デボラのエサレンマッサージ&エネルギーワーク2


デボラ先生の穂高養生園でのクラスレポート2

オイルマッサージとエネルギーワーク

エサレンマッサージとエネルギーワーク

穂高養生園で行われた2泊3日のクラスは、エサレンマッサージとエネルギーワークでした。今回のエネルギーワークの内容は、ポラリティです。

ポラリティとは、磁場の極性(プラスとマイナス)のアイディアを使って、人の身体を流れるエネルギーのバランスを整えるワークです。デボラ先生はその昔、ポラリティの発案者であるDr.ストーンから直接このワークを学んだと言います。当時、既に80代だったDr.ストーンですが、とても活力に満ちていて頭の回転が早く、とにかく何を言っているのか難解過ぎて分からないが、とても好奇心を刺激してくれる先生だったと話してくれました。

エネルギーのバランスをとるクレイドル

その沢山のエキサイティングなワークの中から、今回はマッサージに組み合わせる事ができるテクニックを紹介しますと言ったデボラ先生ですが、マッサージだけでなく日常でも使えるポラリティ・ヨガというエクササイズも交えてまさに好奇心を刺激する楽しいクラスになりました。

まずはモーニングクラスでのポラリティ・ヨガ。エネルギー的にニュートラルな状態と、しゃがんだ姿勢を取って体を揺すったり、薪割りの動作に合わせて腹の底からハッと声を出したり、面白いエクササイズが続きました。

声=音のバイブレーションがエネルギーを活性化するのだそうで、毎朝みんなで大きな声を出して、気を高めていました。

ポラリティのセッションでは、エネルギーの滞りやブロックが起こりやすい足踝(くるぶし)のポイントへのアプローチから。アメリカではこのポイント、結構強い反応の人が多いようでして「アメリカではクラスのあちこちで悲鳴や叫び声があがるのよ」と言っていましたが、日本人は気の流れが良い? のか我慢強いのか?あまり大騒ぎにはならず、比較的粛々とクラスは進行して行きました。

くるぶしのエネルギーワーク

マッサージの終わりに使える一連のワークを教わり、実際のオイルマッサージに合わせてのセッションもしてみました。エネルギーのバランスを取り落ち着かせるこれらのワークでは、とても心地よい静寂な感覚を味わえます。

全員が相手の頭を優しくホールドし、迷走神経に軽く指を当ててじっとエネルギーにチューニングを合わせている間、部屋の中全体の空気がゆるやかに変化し、静けさと心地よいプレゼンス(今、ここ)の感覚に包まれたのを感じました。もしかしたら今回の参加者の皆さんが既に何かしらのワークの経験者であった事も手伝ったのかも知れません。深い感覚を味わったひと時でした。

次回はもっと長いコースでやりたいわ、とデボラ先生は、ポラリティでは幾つかの大切なアイディアがあると言っていました。食べ方/栄養の摂り方や身体的なエクササイズなどに合わせて、一番大事なのは Thought / Attitude (考え方/態度)であると。物事に対するポジティブな捉え方、そこに向き合う姿勢や心構えの大切さ。くよくよしないで明るい面を見ようとする事こそが、その人の中の流れを良くするのだと。そして「Love / 愛」が最も大切なのだと。

次回、この辺をもっと詳しく教えてもらえたら、これまたプラクティショナーにはたまらないクラスになりそうです。

デボラのエサレンマッサージ&エネルギーワーク集合写真

 

 


2016-09-21 | Posted in ブログ, ワークショップComments Closed 

 

デボラのエサレンマッサージ&エネルギーワーク1


デボラ先生の穂高養生園でのクラスレポート1

会場の様子など

いよいよ始まりました。エサレンマッサージ誕生のときから関わっているデボラ・アン・メドウ先生のエサレンマッサージ&エネルギーワークのクラスです。会場は長野県安曇野の穂高養生園です。今回は会場の様子などをご紹介します。

 

まずは空港到着ロビーから。搭乗予定便が欠航したため、1日遅れでデボラ到着仕方ないので成田まで迎えに来る事に! ところが深夜になってモントレー→ロサンゼルスが再び欠航という事態に、そこでデボラ先生は車でサンフランシスコまで移動してそこから成田に来るとのことです。そしてその便も遅延… 飛行機に一体何が!

エサレンマッサージのデボラ先生 来日

 

エサレンマッサージのデボラ先生穂高養生園に到着です。

ドタバタしたけど、やっと始まるデボラ先生のクラス。内容はエサレンマッサージとエネルギーワーク(ポラリティ)。デボラ先生はポラリティの創始者ランドルフ・ストーン先生に直接に師事していたのでどんな風にまとまるか楽しみです

穂高養生園でエサレンマッサージワークショップ

 

 

さっそくですが、山のなかなので、ここが電波が入る唯一のスポット!みんなここで下界との交信を図っています。よく見るとデボラ先生の姿も…。

穂高養生園で電波の届くところ

 

 

穂高養生園ではマクロビオティックのご飯を出してくれます。1日2食なのですが、満足感がとても高いので、全然不自由しませんでした。スタッフの皆さんのプロ意識の高さに脱帽です。

穂高養生園のマクロビオティックの食事

 

本当に美味しいご飯でした。
環境も素晴らしく、またいつか皆んなを連れてワークショップに来たいです!

穂高養生園のマクロビオティックの美味しいご飯

 

 

穂高養生園は広大な敷地のなかに素敵な施設が多数点在しています。移動は徒歩ですが、急ぐときは車が欲しくなるものです。今回は参加者のウタさんに車でサポートしていただきました。まこちゃん「あゝウタさんが神様に見えた瞬間!」ウタさんありがとうー!

ボディワーカーのうたさんとまこちゃん

 

 

お世話になった穂高養生園のスタッフの柴崎さんとエサレンマッサージティーチャーのまこちゃんです。穂高養生園のスタッフのみなさんには本当にお世話なりました。とても快適でした。

穂高養生園で電波の届くところ

 

そして穂高養生園ではいつもエサレンマッサージのセッションを受けることができます。素敵なセッションルームがあり、わたしたちのエサレンマッサージ資格認定コースを受けてくれたカズちゃんとくみちゃんが担当してくれます。みなさんありがとうー!

穂高養生園でエサレンマッサージワークショップ

 

 


2016-09-08 | Posted in ブログ, ワークショップComments Closed 

 

2016年エサレンマッサージ資格認定コース パート1 レポート1


 

エサレンマッサージ プラクティショナー認定コース始まりです

コースは3つのパートに分かれています。パート1と2は日本国内、パート3はカリフォルニアのエサレン研究所で開催です。コースはおよそ31日間、6ヶ月に渡るプログラムです。

 

パート1のティーチャーはディーン先生と近藤真紀子先生(まこちゃん)、アシスタントはくんくんです。集合時間が近づいてきたのでくんくんがウエルカムボードを製作中です。

エサレンマッサージ ウエルカムボード準備中

 

上田駅にてディーンさんが来るのを待っています。時間余ったので撮ってみました。真田丸。

上田駅でディーン先生を待っています

 

上田駅でパート1担当のディーン先生と再会しましたー。タリーズでコーヒー飲んで、別所温泉行きの電車を待っています。

ディーン先生とまこちゃんタリーズにてIMG_3105

 

会場のある別所温泉駅に集合中です。お迎えの車をみんなで待っています。天気が良さそう!

別所温泉駅集合

 

こちらがパート1の会場です。長野県上田市にある女神山ライフセンター、とても緑に囲まれた素敵なドームハウスです。

ガイアホール集合

 

2016年のエサレンマッサージ資格認定コースにようこそ! パート1楽しく過ごしましょう。内容は盛りだくさんですよ!

2016年エサレンマッサージ資格認定コースウエルカムボード

 

オリエンテーション後に、始まりのサークルです。円になっていっしょに学ぶ仲間を感じます。まさに旅の始まりですね!

ガイアホール最初のサークル

 

初日のトレーニング終了後は夕ごはんです。初女神山ライフセンターの食事はとても美味しいですよ!

女神山のごはん

 

エサレンマッサージ資格認定コース、パート1 明日も楽しみです。


2016-06-12 | Posted in エサレンマッサージ資格認定コース, ブログComments Closed 

 

エサレンのロングストローク


 

ロングストロークのための3つの工夫

 
 
 
 

心と体をひとつにまとめるストローク

 ロングストロークはひとつのストロークで体をつなげるというテクニックです。実際に受けるとシンプルなのに、なぜこんなに豊かなんだろうと思います。自分の体がここに在り、それに気づくことがとても大きなリラックス体験を生み出します。
 
実習で与え手になったときロングストロークの〝長さ〟を、どうやったらもっと効果的に印象づけられるだろうかと工夫しました。ロングストロークなのに短くなることや、途中で途切れるようになってしまってはもったいないと思ったからです。
 
 
そこで3つの工夫を意識して実習しました
 

1. 始まりと終わりを印象的に行う

始まりと終わりが中途半端だと長さが効果的に伝わりません。そこで工夫したことは始まりと終わりをゆっくり丁寧に触れるということです。そうするとロングストロークの始点、終点が明らかになって長さが活きてきます。これはエサレンの授業でよく言われるTip to Tipの考えにも通じます。

 

2. 安定したストロークを行う

ストロークが途中で不安定になることや、途切れてしまうと長さが損なわれてしまいます。安定したストロークのためには肘を柔らかく伸ばすこと、高さの調整は膝で行うこと、そしてそれを支えるのがステップです。エサレンマッサージにはGrape Vine Step(ぶどうのツル)と呼ばれる独特のステップがあってこれを行うことで途切れのない安定したステップを続けることができます。
 
 

3. ストロークに緩急をつける

ロングストロークがいかに安定したものであっても、それが一本調子であっては退屈です。まして体には形の変化があり、生きていて呼吸をしているのですからストロークもそれに応じた変化があるべきです。そこでストロークでは受け手の体を感じることに努めました。受け手の体に好奇心を持ち、体から伝わってくる動きや変化に意識を向けます。すると自然にストロークには緩急が現れてきます。受け手からは寄せては返す波のようだったとフィードバックをいただきましたが、波の感覚はエサレンマッサージの特徴のひとつです。

 
他にも細かなことはありますが、この3点は大切なポイントです。実習しているととても楽しいです。オイルトリートメントなので受け手はマッサージテーブルに横になっているのですが、受け手の体を感じながら動き、ストロークするとはまるで二人で自由にダンスをしているようです。これはエサレンマッサージの魅力ですね。
 
 
今回のクラスで改めて実感したのはまこちゃんことエサレンマッサージ認定ティーチャーの近藤真紀子さんの教え方です。このクラスでもまこちゃんの教え方の的確さ、たくみさには舌を巻きました。これはこれまでたくさんのトレーニングをサポートし、多くのエサレンマッサージティーチャーとの交流のなかで育まれたものだと思います。
 
 

これからのクラス

2016年5月、6月のプログラムのお知らせです。いつもの説明会基礎講座に加えて、5月22日(日)はWelcome to Esalenです。
 
このプログラムはエサレンマッサージについてくわしく解説し、仰臥位の首から肩、腕のロングストローク実習、エサレンマッサージの触れ方、実技デモなどを学ぶクラスです。加えてエサレンマッサージに取り入れられているトレガーアプローチについて実習を交えつつお話します。
 
今回は友人や家族、パートナーなどお二人で申し込みいただくと割引料金となります。もちろんお一人での参加も大丈夫です。
 
6月22日と29日は2週続けて、サイドワーククラスを開催します。これはエサレンの横向きのワークです。サイドでのロングストロークやストレッチの他、サイドの特徴を活かしたエサレンらしいワークをご紹介します。どうぞ、ご参加ください。
 
チューアン@中安
 
ロングストローククラスより
 
 
 
 
 

2016-04-21 | Posted in ブログ, ロングストローククラスComments Closed 

 

エサレンマッサージ資格認定コース パート3 レポート7


 

さようなら エサレン研究所

 

これはロッジからバス(お風呂)へ向かう道です。この道をお風呂セットをもってぶらりと下ります。バスが海岸の真上にあるので、ドーンという並みの音がお腹に響くほどです。昼間は青い空と海、そして夜は満天の星の下で温泉を楽しむことができます。

バスへの道

 

いよいよ今日はエサレン出発の日です。
今日は初日のような雨模様です。

滞在期間は、本当によく晴れていたので
なんだかワープしてしまったような感覚です。

でも、それぞれ日本に持って帰りたい何かがここに沢山あったこと、そしてこれまで一緒にサークルを作ってきた仲間との時間を思い返しながら

今、サンフランシスコの市内へ戻ります!

サンフランシスコへ向かうバス

 

最後にみんなで!

エサレンマッサージトレーニング

 

最後の集合写真で終わりかーと思ったら

トレーニングコースパート3はまだまだ楽しいことがあるのです。エサレン研究所からサンフランシスコ市内に移動して、2泊過ごします。実際には丸1日をサンフランシスコ市内で観光します。基本的には自由行動なのですが、みんなで散歩したり、買い物、食事とエサレン研究所とはがらりとちがった楽しみがあります。

画像はフィッシャーマンズワーフにある定番のカニの看板です。サンフランシスコ名物のクラムチャウダーを食べ、ワインを飲んだりして、そして帰国です。

 

資格認定コースに参加いただいた方からメッセージをいただきました

「トレーニングは素敵な時間を!素敵な仲間と!最高の先生からプレゼントしていただきました。
私はエサレン研究所やトレーニングはエサレンマッサージを学ぶためだと思っていましたが、エサレン研究所はその人に必要なモノを気づかせてくれて、その人に必要なモノをギフトしてくれる場所なんだなぁーって感じてます。」

 

みんな本当にありがとうー!!

サンフランシスコ市内

 

 


2016-01-22 | Posted in エサレンマッサージ資格認定コース, ブログComments Closed 

 

エサレンマッサージ資格認定コース パート3 レポート6


 

エサレン研究所でのトレーニングも最後の授業です

 

エサレン研究所にある小川で撮影

 

温水プールになりました

1月だというのに、日中は日が照ると暖かいです。
しかもエサレン研究所のプールがなんと温水になりました!

ということでお昼休みに気持ち良く泳いでいるまこちゃん → 元水泳部、くんくん → 元水球部。さとこさん → 現役! サーファーの3名でありました。3人とも水に入れてニコニコです。

エサレン研究所の温水プール

 

お天気が良いと、外へ出てランチを食べる楽しみもあります。

今日は天気が良いので、ランチボックスにご飯を詰め込んで、好きな場所で日向ぼっこしながら海を眺めてお昼ご飯にしました。

芝生でランチ

 

こちらは相変わらずの2人です。ティーチャーのまこちゃんとデボちゃんです。

まこちゃんとデボラ

 

夕方、クラスの合間にサンセットタイム。今年も何度か綺麗な夕陽が海に沈む様子が見れました。

エサレン研究所の夕陽

 

エバリュエーションのフィードバックが帰って来ました。
デボラがエバリュエーションのフィードバックをみんなに返しているところです。

エバリュエーションというのは、学びの様子を共有する体験です。具体的にはコース参加者がエサレン研究所のティーチャーやマッサージクルーにセッションして、そのときの体験をフィードバックしてもらいます。テストのようなものではなく、成長をサポートするためのとても温かなものです。

エバリュエーションのフィードバック

 

英語でたくさん書いてある!
大丈夫です。みんな好評価でしたよ

エバリュエーションのフィードバックを読む

 

エサレンマッサージ資格認定コースのトレーニングは、エバリュエーションを終えるとあっという間に終わりに近づきます。一週間は長いようで、実際にエサレンに滞在すると驚くような速さで毎日が過ぎて行きます。刻々と変化する海の色、空、食事、行き交う人たちとの優しいちょっとしたコミニュケーション。温泉に入りに行くだけでも、行って帰る間に多くの気づきを経験します。まあ、歩く移動距離が長いと言うのもありますが…。

さて。気づいたらもう最後のクラスです。

トレーニングでは、マッサージ技術だけでなく、今後プラクティショナーとして活動していくために必要な知識も学ばなくてはなりません。

ビジネス展開やプラクティショナー倫理などを、デボラが自分の経験談などを織り交ぜながら話をしてくれました。そんな話を聞きながら、ふとこの後、これからはみんながそれぞれ自分自身のエサレンマッサージを見つけ、そしてやっていくのだなーと、思って感慨深くなりました。

でもまだ、先の事を考えるには早い!いまはまだここ、エサレンにみんなといる。それを今は、体いっぱいに感じていて欲しいと思いました。

夜にはシェアリングがあります。
みんなどんなことをシェアしてくれるのか楽しみです。

 

 


2016-01-19 | Posted in エサレンマッサージ資格認定コース, ブログComments Closed 

 

エサレンマッサージ資格認定コース パート3 レポート5


 

デボラ先生のワーク ラッコ ポラリティ

 

海とデボラ先生

 

 

エサレン研究所でのトレーニング、そろそろ後半です


エバリエーション終えて
みんなの笑顔が更に増えた気がしますね。

今日午前中のクラスは
頭とお顔を含めた首のワークを学びました。

こうすると、無理なく力を加えられるわ!
と、片足をベッドに乗せてワークするデボラ先生。

先生は小柄な身体をうまく使ってディープなワークもなんのその。

とても勉強になります!

デボラテーブルに膝

 

今日のランチは外で食べました!またラッコがたくさん!

こちら、雲は出てるけど今日も晴れてます。
雨は降るけどすぐ止んだり
夜中じゅう降っても次の日はいつの間に雲一つない青空だったり
本当に雨季?って思うぐらいです!

そんな日はキラキラした海を見ながら
ランチ!

少し肌寒いのでフードを被って温かく。

あ、またラッコ!
食事中みたいです。
愛でながら一緒にいただきまーす!

ラッコ

 

 

午後のクラスはパート3と言ったらその1! ポラリティです。

セッションの最後に使えるエネルギーワークです。

エネルギーがより流れるように

バランスがよくなるように

柔らかいソフトなタッチで触れていきます。

深いところにいる感覚。

ギバーとレシーバーとの一体感。

ポラリティ

 

 

 


2016-01-17 | Posted in エサレンマッサージ資格認定コース, ブログComments Closed 

 

エサレンマッサージ資格認定コース パート3 レポート4


 

エサレン研究所のゲシュタルト療法

エサレン研究所のゲシュタルト療法

 

ゲシュタルト療法 エサレンマッサージの大切なアイディアの元

 

今日はゲシュタルトのリーダーの方を招いてのゲシュタルトの入門クラスでした。

ゲシュタルト療法とは、フリッツ・パールズさんと言う精神分析医が考え出した心理学や哲学の手法を取り入れた「気づき」のワークです。アイ・ステートメント(私を主語にした話し方)、ノン・ジャッジメント(良い悪いの判断せずに、あるがままを認める)など私達がエサレンマッサージで学んでいる大切なアイディアの元になっています。

今回リードしてくれるクリスティアナさんがまず最初に書いた一文です。

「ゲシュタルトとは、私達が(過去、現在において)経験する事をいかに構築(築く、組み立てる)するのかを理解する体系的なシステムである」(訳)

なるほどー
とても良い説明だと思いました。
さらにゲシュタルトの歴史、アイディア、手法などの話もわかりやすい!

クラスでは実際のワークを体験しました。
自身もエサレンマッサージのプラクティショナーでもあるクリスティアナさんの説明は分かりやすく、エサレンマッサージと関連づけながら、エンプティー・チェアー、オープンシートなどを説明しながら実際に体験させてくれました。

エサレン研究所という特別な場所でのこの経験を、これからのエサレンマッサージに活かせたら本当に素晴らしいな、と改めて思った日でした。

 

 


2016-01-17 | Posted in エサレンマッサージ資格認定コース, ブログComments Closed 

 

1 2 3